詰め物・被せ物

「何の説明もないまま、銀歯を入れられた」
当院では、決してそんなことは致しません
歯の状態に合わせて、各種詰め物・被せ物をご提案します

こんなことでお悩みではありませんか?

  • ・歯が欠けている
  • ・銀歯が目立つので、人前で口を開けて笑えない
  • ・金属アレルギーがある
  • ・前歯などを白くしたい
  • ・できるだけ詰め物・被せ物を目立たなくさせたい
  • ・歯と歯の隙間をなくしたい
  • ・お口まわりの印象を損なわず、歯の機能性を高めたい

詰め物・被せ物について

詰め物・被せ物とは、加齢、病気、事故などにより欠損した歯の部分に、詰め物(インレー)を詰めたり、被せ物(クラウン)を被せたりすることで、お口の機能性や審美性を改善させる治療方法です。
当院では詰め物・被せ物以外にも、歯の表面をごくわずかだけ削り、そこにセラミックの板を張り付けて、歯を白くしたり、歯並びを改善させたりする「ラミネートベニア」も行っています。

当院で取り扱う詰め物・被せ物の種類

■詰め物

オールセラミック
セラミックのみで作られた詰め物です。透明感が高く、天然歯に近い色調を再現することができます。金属を一切使用しないので、金属アレルギーの方でも安心してご使用頂けます。
ハイブリッドセラミック
セラミックとレジン(歯科用プラスチック)で作られた詰め物です。オールセラミックよりも柔らかいので、噛み合わせる歯を傷つけにくいという特徴があります。
ゴールド
金合金や白金加金(金にプラチナを加えたもの)などで作られた詰め物です。天然歯に近い硬度なので、噛み合わせる歯を傷つけにくいほか、錆びにくいので金属アレルギーの心配が少ないという特徴もあります。
保険の詰め物
健康保険が適用される詰め物です。審美性は劣りますが、費用を抑えることができます。

■被せ物

オールセラミック
セラミックのみで作られた被せ物です。透明感が高く、天然歯に近い色調を再現することができます。金属を一切使用しないので、金属アレルギーの方でも安心してご使用頂けます。
ジルコニア
人工ダイヤモンドなどに使用される、ジルコニアという素材で作られた被せ物です。透明感が高く、天然歯に近い色調が再現できるほか、耐久性に優れているという特徴もあります。
ハイブリッドセラミック
セラミックとレジン(歯科用プラスチック)で作られた被せ物です。オールセラミックよりも柔らかいので、噛み合わせる歯を傷つけにくいという特徴があります。
メタルボンド(コバルトクロム)
内側がコバルトクロム、外側がセラミックで作られた被せ物です。オールセラミックなどと比べると審美性は劣りますが、内側が金属で作られているので耐久性に優れている、貴金属を使用しないので費用が抑えられるなどの特徴があります。
メタルボンド(プレシャス)
内側がプレシャス、外側がセラミックで作られた被せ物です。内側が金属で作られているので耐久性に優れており、適度な柔軟性もあるため、噛み合わせる歯を傷つけにくいという特徴もあります。
ゴールド
金合金や白金加金(金にプラチナを加えたもの)などで作られた詰め物です。天然歯に近い硬度なので、噛み合わせる歯を傷つけにくいほか、錆びにくいので金属アレルギーの心配が少ないという特徴もあります。
保険の詰め物
健康保険が適用される被せ物です。審美性は劣りますが、費用を抑えることができます。
硬質レジン前装冠
健康保険が適用されるもののうち、前歯に被せる際によく使われる被せ物です。内側が金属、外側がレジンで作られているので、ある程度の耐久性を確保しつつ、歯を白く見せることが可能となります。

保険治療と自費治療の違い

保険治療と自費治療の一番大きな違いは、やはり費用です。保険治療の方が費用を抑えることができます。ただし、保険治療では使用できる素材に制限がありますので、審美性を重視される場合には、自費治療の方が適切であると言えます。
だからといって、保険治療が自費治療に劣るわけではありません。それぞれにメリット・デメリットがありますので、それらをよく確認した上で選択するようにしてください。当院からも、保険治療、自費治療の違いについて詳しくご説明し、また、患者様の歯の状態やご希望を確認した上で、どの治療方法が適切なのかご提案させて頂きます。

当院の詰め物・被せ物治療の特徴

歯科医院の中には、詰め物・被せ物では「オールセラミックが最良」というところもありますが、当院はそうは考えていません。噛み合わせの状態によっては、オールセラミックが適切でない場合もあります。そのため、当院では「最良の詰め物・被せ物」=「患者様の歯の状態に最も合った素材」と考えております。
また、ご来院される患者様の中には、他院で「何の説明もなく銀歯を入れられた」という方も少なくありません。当院では、決してそんなことは致しません。患者様一人ひとりの歯の状態を確認し、どの素材が適切なのかを詳しくご説明した上で、患者様ご自身お選び頂くようにしています。

分院の院内技工所で、ベテラン歯科技工士が詰め物・被せ物を一つひとつ丁寧にお作りします

当院の分院(桃谷さくら歯科医院)に院内技工所があり、信頼のおけるベテラン歯科技工士が、患者様のお口にあった詰め物・被せ物を一つひとつ丁寧にお作りします。

関連医院 ― 協力して診療を行っています