無痛治療

無痛治療=麻酔ではありません
「無痛」の前に「苦痛の軽減」を考えて、器具の選び方や削る角度など、
様々な工夫で痛みを抑えます

無痛治療

当院の無痛治療はこんな方におすすめです

  • ・歯科治療に対して不安感、恐怖心がある方
  • ・歯科治療が苦手なお子様
  • ・痛みが苦手な方
  • ・歯を削る音が苦手な方
  • ・頭部に伝わる振動が苦手な方
  • ・嘔吐反射が強い方

当院が考える無痛治療

多くの方が、無痛治療=麻酔と考えられているのではないでしょうか?しかし、当院では「無痛」の前に「苦痛の軽減」を考えて、治療の際に使用する器具の選び方や、削る角度、スピードなど様々な工夫を凝らすことにより、痛みを抑えるようにしています。
治療内容によっては必要なケースもありますが、やはり麻酔薬は劇薬です。可能な限り安心・安全な治療を目指す当院では、「なるべく麻酔を使用しない」という理念のもと、患者様の状態に応じて「ドックベストセメント法」などの治療方法を併用して、体に負担の少ない治療を提供します。

ドックベストセメント法

ドックベストセメント法はこんな方におすすめです

  • ・できるだけ歯を削りたくない方
  • ・できるだけ歯を抜きたくない方
  • ・痛みを抑えて歯科治療を受けたい方
  • ・虫歯の再発を防止したい方
  • ・口腔内を無菌化し、清潔な状態を保ちたい方
  • ・できるだけ歯の神経を残したい方

3Mix-MP法について

■特徴
3Mix-MP法とは、抗菌剤を使って虫歯を治療する方法です。3種類の抗菌剤(3Mix)と、マクロゴール(M)、プロピレングリコール(P)という2種類の軟膏を混合することから、こうした名称が付いています。
虫歯治療に対して、「痛い」「怖い」「時間がかかる」というイメージを持たれている方もいると思いますが、この3Mix-MP法であれば、抗菌剤により病巣を無菌化することができるので、できるだけ歯を削らずに痛みの少ない状態で、従来よりも短い時間で治療を受けることが可能です。

■従来の虫歯治療との比較

従来の虫歯治療
虫歯が神経にまで達している場合、神経を除去する必要が生じます。虫歯になった象牙質を完全に削り取るため、歯を削る量が多くなり、痛みが起こる可能性があります。
3Mix-MP法
歯を削る量は必要最小限にとどめ、神経付近の虫歯はそのまま残しておき、3Mix-MP法の薬剤を置いて密封します。こうして病巣を無菌化することで、象牙質の再石灰化を促し、痛みのない状態で治癒をはかります。

■治療の流れ

虫歯の除去

必要最小限の量だけ歯を削ります。

3Mix-MP法の薬剤を置く

患部に3Mix-MP法の薬剤を置き、仮封をします。

症状観察

ご帰宅頂き、症状を観察します。

詰め物を詰める

症状観察後、問題がなければ再度ご来院頂き、詰め物を詰めます。

※当院では治療によるトラブルを極力回避するため、すぐに詰め物を詰めずに症状観察を行います。

■注意点

虫歯の進行度合いによっては、3Mix-MP法だけでは治癒をはかるのが難しい場合があります。その際には、通常の虫歯治療をおすすめする可能性があります。ただし、通常の虫歯治療を行う場合でも、効果が期待できるのであれば3Mix-MP法を併用することもあります。治療方法を1つに絞らずに、複数の方法を併用することで、症状を効果的に治癒へと導きます。

ドックベストセメント法

■特徴
ドックベストセメント法とは、殺菌力のある銅イオンを放出するセメントを病巣に置き、無菌化することで虫歯を治療する方法です。ドックベストセメント法で用いられる薬剤は、アメリカ最大の歯科関連団体であるADA(アメリカ歯科医師会)にて安全な薬剤として認可されており、同国では一般的に用いられているものです。
従来の虫歯治療と比べて歯を削る量が少なくて済むほか、歯の再石灰化を促す効果も期待できます。

■従来の虫歯治療との比較

従来の虫歯治療
虫歯が神経にまで達している場合、神経を除去する必要が生じます。虫歯になった象牙質を完全に削り取るため、歯を削る量が多くなり、痛みが起こる可能性があります。
ドックベストセメント法
虫歯をすべて除去すると、神経が出てしまう可能性がありますが、ドックベストセメント法では神経付近の虫歯はあえて残し、神経の保存をはかりつつ、病巣を無菌化し治癒に導きます。従来の虫歯治療と比べて歯を削る量が少ないので、「できるだけ歯を削らずに治療したい」という方におすすめです。

■治療の流れ

虫歯の除去

必要最小限の量だけ歯を削ります。

ドックベストセメント法の薬剤を置く

患部にドックベストセメント法の薬剤を塗布し、仮封をします。

症状観察

ご帰宅頂き、症状を観察します。

詰め物を詰める

症状観察後、問題がなければ再度ご来院頂き、詰め物を詰めます。

最終的な詰め物を詰める

そのままの状態で6ヶ月から1年程度経過させ、虫歯が治癒したのを確認してから、最終的な詰め物を詰めます。

※当院では治療によるトラブルを極力回避するため、すぐに詰め物を詰めずに症状観察を行います。

■注意点

ドッグセメント法により病巣を無菌化し、歯質を硬化させるには6ヶ月から1年程度の期間が必要です。また、虫歯部分にセメントを塗布するため、一般的なセメントと比べると接着力が弱く、薬剤が外れる可能性もあります。その時はすぐに当院までご連絡ください。
そして虫歯の進行度合いによっては、ドックベストセメント法だけでは治癒をはかるのが難しい場合があります。その際には、通常の虫歯治療をおすすめする可能性があります。ただし、通常の虫歯治療を行う場合でも、効果が期待できるのであればドックベストセメント法を併用することもあります。治療方法を1つに絞らずに、複数の方法を併用することで、症状を効果的に治癒へと導きます。

関連医院 ― 協力して診療を行っています