義歯

当院の院長は義歯専攻の歯科医師です
入れ歯治療には自信があります!

こんなことでお悩みではありませんか?

  • ・歯が抜けてしまった
  • ・がたつき、痛みなど、入れ歯が合わなくて困っている
  • ・入れ歯がすぐに外れる
  • ・物が上手く噛めない
  • ・話しづらい
  • ・もっと自分に合った入れ歯が欲しい
  • ・インプラント治療を受けるのに抵抗がある

義歯について

義歯とは、加齢、病気、事故などにより歯を失った時に、歯の機能性や審美性を改善させるために装着する人工歯のことです。「入れ歯」とも呼ばれます。
義歯には大きく分けて2種類あり、歯がすべて失われた時に装着するものを「総義歯」と言い、歯が1本でも残っている状態で装着するもの「部分義歯」と言います。

当院で取り扱う義歯の種類

■ノンクラスプデンチャー
クラスプ(金属のバネ)を使用しない義歯です。審美性に優れており、義歯を装着していても気づかれにくいという特徴などがあります。金属アレルギーの方でも安心してご使用頂けます。

■金属床
床部分が金属で作られた義歯です。耐久性に優れているほか、義歯を薄く仕上げることができるため、装着時の違和感が少ないなどの特徴があります。また、金属を使用することで熱伝導が高められるので、食事を美味しく味わうこともできます。

■コーヌス・テレスコープデンチャー
残存歯に金属冠を被せ、その上から入れ歯を装着する部分義歯です。保険の義歯よりも天然歯に近い感覚で物を噛むことができ、クラスプを使用しないので審美性も高いなどの特徴があります。

■インプラントオーバーデンチャー
インプラントを埋め込み、それを土台として義歯を被せる方法です。歯をほとんど失ってしまった、義歯が合わず、すぐに外れてしまう場合などに用いられることがあります。

■ブリッジ
歯を失った部分の両隣の歯を削り、それらを土台として義歯を装着する方法です。両隣の歯を削る必要がありますが、義歯がしっかりと固定されるので、少ない違和感で使用できるという特徴があります。

当院の義歯治療の特徴

「義歯が合わないために、今、我慢している食べ物を一つでも多く食べられるようになってほしい」
当院では、こうした思いで義歯治療を行っています。
また、部分義歯の場合、「残存歯に悪影響を与えない」ということも重要となります。そのため治療の際には、必ず残存歯の調整も行うようにしています。合わない入れ歯を使用し続けると、必ずと言っていいほど残存歯に悪影響をおよぼします。今、入れ歯が合わなくて困っている方は、我慢せずにすぐに当院までご相談ください。

分院の院内技工所で、ベテラン歯科技工士が質の高い義歯をお作りします

当院の分院(桃谷さくら歯科医院)に院内技工所があり、義歯専門の歯科技工士が在籍しています。信頼のおけるベテラン歯科技工士が、質の高い義歯をお作りします。

義歯を長持ちさせるために

義歯を長持ちさせるためには、定期的なメンテナンスが欠かせません。患者様の中には、「義歯は一生もの」とお考えになっている方もいらっしゃるかもしれませんが、そうではありません。きちんとメンテナンスしないと、想定よりも短い期間で使用できなくなるケースもあります。
そうならないためにも、当院では年に1回程度の定期メンテナンスを推奨しています。

関連医院 ― 協力して診療を行っています