小児歯科

当院が考える小児歯科

お子様の中には、歯科治療に対して不安感や恐怖心を持たれている子もいますが、当院ではそうしたお子様に対しても、押さえつけて治療したりはしません。お子様の状態は一人ひとり異なります。すぐに治療が開始できる子もいれば、診療台に座ることすらできない子もいます。それぞれの状態に合わせて、適切に治療を進めるようにしています。
診療台に座ることもできないようなお子様には、保護者の方の了承を得てからスキンシップをはかり、まず「歯科医院に慣れる」ことから始めてもらいます。また、歯科治療に対する不安が強いお子様には、治療に使用する器具をわかりやすく説明するなどし、不安を解消するように努めています。そして、大人に対する治療でもそうなのですが、当院ではお子様の治療に際して麻酔の使用は極力避けるようにしています。レントゲンの撮影回数も必要最小限にとどめ、虫歯治療でもできるだけ歯を削らずに治療するように心がけています。
体に負担がかかることは可能な限り避け、お子様一人ひとりに合わせた治療を行います。

お子様の歯が虫歯になる原因

虫歯とは、お口の中の虫歯菌が甘いお菓子やジュースなどの糖分から作りだした酸により、歯が溶かされてしまう病気です。お口の中では虫歯菌の酸が歯を溶かす「脱灰」と、唾液などが溶かされた歯を元に戻そうとする「再石灰化」が繰り返されており、間食、就寝前の飲食、だらだら食べなどの要因により「脱灰」が続くと、虫歯になりやすくなります。このように、間食や食事の内容が影響することから、虫歯は「生活習慣病」の一種であるとみなされています。
そして、虫歯の原因である虫歯菌は、1~2歳前後で乳歯が生え始めた時に、お母様などのお口からお子様に感染すると考えられています。つまり、お母様のお口の中に虫歯菌が多いと、それだけお子様も虫歯になる可能性が高いということです。そのため、大切なお子様の歯を虫歯から守るためには、お子様とともにお母様も虫歯治療・予防を受けられて、感染の機会を極力少なくすることが重要となります。

虫歯の進行(カリエステスト)

虫歯は「カリエス(Caries)」とも呼ばれ、その進行度合いは「CO(シーオー)」から「C4」までの5段階で表されます。

■CO

歯の表面が虫歯菌の酸により浅く溶けた状態です。痛みなどの自覚症状はほとんどありません。

■C1

歯のエナメル質だけが溶け始めた状態です。歯に小さく黒ずんだ孔を確認することができますが、まだ痛みなどの自覚症状はありません。定期メンテナンスにより、この段階で虫歯を早期発見・早期治療すれば、治療にともなうお子様の負担を軽減することができます。

■C2

歯の象牙質まで虫歯が進行した状態です。冷たい水がしみて痛むなどの症状が現れ始めます。

■C3

歯髄(歯の神経)まで虫歯が進行した状態です。歯髄が炎症を起こし、ズキズキと激しく痛むなどの症状が現れます。炎症を起こすと治癒が難しくなり、歯が腐りやすくなるので、抜歯を検討しなければいけなくなる場合があります。

■C4

歯冠(歯の目に見える部分)の3/4以上の歯質が溶けてなくなり、歯根だけが残った状態です。この段階にまで至ると、普通の治療での治癒は難しくなり、多くの場合、抜歯しなければいけなくなります。

お子様の虫歯予防には、フッ素塗布がおすすめです

虫歯を予防するには、ご自宅での歯磨きが欠かせませんが、それと併せてフッ素塗布を行うことで、より予防効果を高めることができます。
フッ素塗布とは、高濃度のフッ素を大人の歯(永久歯)に塗布することで、虫歯に強い歯を作る予防方法です。フッ素塗布は、大人の歯が生えてきた時に受けるのが最も効果的であると言われていますので、大切なお子様の歯を病気から守るためにも、当院にて定期的に受けさせてあげるようにしてください。

関連医院 ― 協力して診療を行っています